銀行系カードローンの特徴比較

銀行系カードローン

銀行系カードローンの特徴は金利が他に比べて(一般的に)低いという特徴があります。
銀行が扱っている商品なので安心感もあるので、
初めての方などカードローンに怖い印象がある方など まず銀行系カードローンを選択するのが良いかもしれません。
ただし審査が厳しい・審査に時間がかかるという傾向にあるので考慮しておく必要があります。

※他が悪い訳ではありません。銀行系にはない良い特徴があります。

名前 実質年率 限度額 審査
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 最高800万円 -
中央労働金庫のカードローン(マイプラン) 3.875%~8.475% 最高300万円 -
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
4.6%~14.6% 最高500万円 最短即日
住信SBIネット銀行カードローン 3.5%~10.0% 最高700万円 -
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5% 10万円~500万円 -
じぶん銀行カードローン 4.6%~17.5% 最高500万円 即日審査可能
新生銀行カードローンのレイク 4.5%~18.0% 最高500万円 最短即日

審査が遅かった銀行系のカードローンですが最近では最短即日発行が可能な商品もでてきています。上の表はそれぞれの商品を金利、限度額、審査の早さなどで比較できる表です。借入れ額によって金利が変わってきますので、詳細は各公式ページでご確認ください。

検討日程が7日以上なら銀行や国のローンが最良の選択肢

実質年率が様々な金融機関と比べ圧倒的に低く最近の小口のトレンドは 消費者ローンから銀行へとシフトしたと言っても過言ではないでしょう。

過去を振り返ると10万程度の小額であれば消費者ローン、街金でという方も 比率的に多かったかもしれませんがCM等の影響もあるのか小口も大口も 銀行のカードローンから借りる人が増えています。

人によっては仮審査から返答が来ないとかいう声もありますが それはおそらく2~3日の話かと思います。 本審査までせいぜい長くても7日を見ればほとんどの銀行で融資まで たどり着くと思いますので検討期間(手元に利用するお金)が今から数えて 7日後意向であれば断然銀行からの借入が良い選択肢かと思います。

または人によっては国のローンを検討しても良いでしょう。 用途に制限がない銀行のフリーローンですが、例えば教育資金や ご家族の例えば息子さんの受験費用や入学金の為に借入をというのであれば それ専用の国のローンなどもあります。 せっかく低金利で用意され、そして国民として使わない手はないですね。