カードローンの知識

やっぱり銀行から借りたいという場合の選択肢
銀行系カードローンについて、審査があまり早くないとか、 他より厳しい傾向とかいろいろとありますが、ここ最近の個人融資のトレンドから見て、 おすすめは銀行、銀行系のカードローンです。
はじめてのカードローン利用なら30日間無利息で借りる
初めてカードローン利用する際に、給料日やボーナス日などの予定があり、 30日以内に確実に返済できる場合なら、30日間無利息で借入れ可能なサービスを行っている業者から借りるのは、よりお得な利用方法です。
注意すべきことは?注意点を知りたい!
カードローンを利用する際の注意する点は何でしょうか?手続きが簡単なため注意を怠りがちではあありますが、カードローンも借金の一つです。借金をしていることを自覚して返済していかないと借入れ額が膨らみ返済できなくなってしまいます。注意点をいくつか紹介していますので確認してみてください。カードローンは使い方次第ではとても便利な商品です。
カードローンの返済日
カードローンの返済日について把握しておきましょう。自分で指定した日に返済できるところと、決められた期日に返済する会社と、返済日はそれぞれ違います。できれば給料日の後が良いなど希望もあると思います。金利などに目が行きがちですが、返済日も検討する上で重要になると考え、カードローンの返済日をまとめてみました。
カードローンは怖いのか?
カードローンの怖い部分を知っておこう。使い方次第でとても便利な商品です。怖いイメージを持つ前にまずはカードローンについての知識を!!
カードローンの金利について
カードローンでの借り入れ先を選ぶ際に、最も気になってくるはやはり金利についてです。 金融機関で融資を受ける際には、当然ながら金利がかかります。 カードローンの特徴比較のページでも触れましたとおり、大まかには、 銀行系カードローン ⇒ 信販系カードローン ⇒ 消費者金融系カードローン の順に金利が高くなる傾向にあります。
審査では勤務先への在籍確認がある
カードローンの申し込みおよび、審査の際には、 申し込み時に申告した勤務先に実際に在籍しているのかどうかを、 電話によって確認する在籍確認と呼ばれるプロセスが存在します。
意外と知らない?カードローンの借入は即日可能です
カードローン検討は本来じっくりと行いたいものです。 ローンとキャッシングをするときはまず以下の流れを踏むのが 正しい流れでしょう。
毎月の返済額
金融機関で利用できるカードローンサービスは、利用者が好きな返済方法を選択できます。利用方法を計画的に考えることができ、無理なく返すことができることが魅力的です。
カードローンはなぜ65歳までが多いのか
カードローンを利用する際の年齢制限。65歳までの場合が多いが、65歳以上で借りられるカードローンローン会社もあります。年齢制限について分かりやすく説明しています。
ローンをまとめるメリットについて
借入金額によって金利が異なるケースもあるため、借入額によってはローンをまとめた方が得するケースも! おまとめローンについての内容です。
口座なくても借り入れ可能なところを利用するメリット
銀行でお金を借りるのならその銀行の口座を開いておくことが条件なのが一般的なものです。
しかし銀行によっては口座なくても借り入れ可能なローンも存在します。
代表的な3つの申し込み方法
カードローンの申し込み方法として代表的な3つの方法の特徴や、申し込み時に必要な書類などについて。
カードローン審査で重要視されるポイント
カードローンを利用する際、審査を通過しなければならないわけですが、 この審査の際に重要視されるポイントについて考えてみたいと思います。
法改正によって撤廃となったグレーゾーン金利とは
グレーゾーン金利という言葉を聞いたことがあるかと思います。
2010年の法改正の以前には、ほとんどの消費者金融やクレジットカードキャッシングにおいて適用されていた金利のことをいいます。