やっぱり銀行から借りたいという場合の選択肢

銀行系カードローンについて、審査があまり早くないとか、
他より厳しい傾向とかいろいろとありますが、ここ最近の個人融資のトレンドから見て、
おすすめは銀行、銀行系のカードローンです。

さて、どこから借りようかと考える際、ご自身のメインで使っている口座を持つ銀行、
特に都市銀行など規模の大きな銀行の場合、なんとなく「審査厳しそうだな。」
と考えてしまいがちです。
そうなると、口座がなくても借入れ可能な銀行への申込みか、
もしくは新たに口座を開設して新規での申込みになり、
それもまたひとつの選択肢ともいえますが、
最初に検討するべき借入れ先として、口座のある銀行について考えてみたいと思います。

審査に通りやすい条件 – ご自身のメインバンクに申し込む –

単純に、いつも給与振込みなどに使っている口座のある銀行に申し込むのも、
審査に通りやすい条件として考えられます。
なぜなら、勤務先からの振込み金額など、主となる収入のほか、
自動引き落としや、振込みなどの支出の履歴までがひと目でわかります。
お金の流れそのものをほぼ把握できているといえるからです。

もちろん無理のある融資はしないでしょうから、絶対に通るとかそういう話ではなく、
収入と支出に対してバランスのとれた融資であれば、まず問題はないはずです。

審査に通りやすいほかにもメリットが

銀行によっては、既に口座を持っているということから、
本人確認の書類が不要という場合もあります。
こういった条件が明記されている銀行もありますのでチェックしてみましょう。
理由は上記と同様に、勤務先や収入までわかっているわけですから、
改めて確認するまでもないですね。

在籍確認についても同様に省略できるのでは?と考えられますが、
こちらについては条件として特に明記されている例はありませんので、
はっきりしたことはいえませんが、省略される可能性もあるといえます。

地方銀行ももちろんおすすめ

そして、銀行カードローンというと、
テレビや雑誌などでよく見かけるのが、大手都市銀行のCMですね。
なんとなくこういった大手銀行でなければ、いまどきのカードローンたる恩恵が少ないのでは?
と思ってしまってはいませんか?

まあそもそも、都市銀行と呼ばれる銀行は5行しかなく、
地方銀行と呼ばれる銀行は100行以上あるので、
一概に地方銀行として括って考えるのはちょっと違うかもしれませんが、
ここではあえて地方銀行とします。
この地方銀行の中でも、都市銀行と変らない融資スピードなどの条件を備えたカードローンが存在します。

もしもあなたのメインバンクが地方銀行であっても、
まずはその銀行のカードローンがどういった条件で融資を行っているのか?調べてみる価値はあると思います。