カードローンの金利について

カードローンでの借り入れ先を選ぶ際に、最も気になってくるはやはり金利についてです。

金融機関で融資を受ける際には、当然ながら金利がかかります。
カードローンの特徴比較のページでも触れましたとおり、大まかには、
銀行系カードローン 信販系カードローン 消費者金融系カードローン
の順に金利が高くなる傾向にあります。

そして、サイト上などでは金利について、○○%~○○%などという形で表記されていますが、
これはいったいどういうことなのかといいますと、
融資を受ける金額によって金利が変動することを意味しています。

小額融資の場合は

例えば、10万円以下などの小額の融資の場合であれば、
表示されている金利の最も高い金利が適用され、最低金利が適用されるのは、
融資限度額の最も高い融資を受ける場合(受けることが出来る場合)のみ
である場合がほとんどです。

ですから、小額借り入れで金利が低い業者を選ぶ際に注目するべきなのは、
○○%~○○%という表記の、高いほうの金利を基準として選ぶということになります。

最低金利が適用されるのは、設定されている融資額の中でも500万円とか800万円といった、
高額な融資の場合に限られてきます。

こういった高額な融資に関しては、コースとして設定されていても、
審査結果によってそこまでの融資は受けられないといったケースが多くなってきます。
利用者の年収や勤続年数、これまでの借り入れ状況などによって、
それぞれに限度額が設定されますから、金利を基準に借入先を選ぶ際には、こういった点も含めて検討することが重要です。