カードローンはなぜ65歳までが多いのか

カードローンの利用条件を見ますと、年齢制限において20歳以上から65歳まで
という年齢制限になっている会社がとても多いです。
下限年齢の20歳以上というのは成人からという意味であり理解しやすいものですが、
上限年齢の65歳というのはどうしてこの年齢なのかは気になるものです。

安定収入がある定年に設定している場合が多い

これはとても単純な意味であり、国内では一般的に仕事を退職して年金生活を
し始める人がこの年齢に多いからです。
そのため、カードローン会社の多くでは年齢の上限として65歳になっているのです。
また、これは法律で決まっているのではないので、カードローン会社によって
年齢制限の範囲は異なることを覚えておきましょう。

カードローン会社によっては65歳以上でも借入が可能

豆知識としてカードローンは未成年でも65歳以上でも借りることは可能です。
もちろん、これはそれが可能な条件になっている会社を利用するというのは前提ですが、
未成年の場合は一定の条件を満たすことで借りれることがあります。
例えば、結婚をして仕事をしている場合に成人とみなされるなどです。
年齢制限が70歳までなど、65歳以上に設定している会社もあるので、
そのような会社ならこの年齢以上の人でもカードローンを利用することは可能になります。

そして、高齢者の人がカードローンの申し込みをする時に、
返済のあてにするのが年金になることがありますが、
年金というのは立派な収入として認められているので、
カードローン審査では年金の収入を申告すればよいです。