ローンをまとめるメリットについて

複数のローンをまとめると、借り入れ額が多くなります。
借り入れ額が多くなるると、利息制限法の観点からは、
借り入れが高額になるほど、金利が低くなります。

借入金額によって金利が異なる

例えば、借り入れ元本の額が10万円未満の場合は、20%が上限金利となりますが、
元本の額が10万円以上100万円未満の場合18%が上限金利となります。
そして、元本の額が100万円以上の場合は、15%が上限金利となります。
したがって、複数のローンをまとめると金利の低下が期待できます。

まとめる事で借入の管理が簡単になる

次に、複数のローンをまとめると、借り入れの管理が簡単になります。
また、複数のローンがある場合、管理の複雑性以外にも
問題を引き起こす可能性があります。

例えば、複数の借り入れがあると、管理が複雑になります。
そして、小口ローンの返済を忘れた場合であってもブラックリストに
掲載されることになります。
ブラックリストに掲載された情報は、瞬時に様々な業種の金融機関の借り入れ審査情報
として利用されます。このような延滞情報が各金融機関で共有されますと、
新規の借り入れは、出来なくなります。

まとめる事で複数借入を完済して一本化するので信用度が増すことも

もう一つのメリットは、複数のローンをまとめることで、
返済能力が高い人としての信用力がつきます。
複数の小口ローンが沢山ある場合は、信用力が低いから、
小口の借り入れしか出来なかったと判断される可能性があります。
このように、複数の借り入れを1件に整理することで、金利を下げることが出来ます。
また、借り入れの管理が容易になります。そして、信用力が増すことになります。