カードローンの申し込みとはどんなもの?必要な書類は?

カードローンの申し込み方法については、大きく分けて3つの方法があります。

  1. ・店頭窓口での申し込み
  2. ・スマホ・PCでの申し込み
  3. ・無人契約機(自動契約機)での申し込み

その他、電話での申し込み、郵送での申し込み、FAXでの申し込みなどもあります。
ここでは、上記3つの申し込み方法について触れてみたいと思います。

店頭窓口での申し込み

店頭窓口での申し込みは、すべてのカードローン会社で対応しています。
もともと店舗での営業がメインですから、申し込みをはじめ、
カードローンのサービスの全てに対応していると考えていいでしょう。

銀行系カードローンの場合には、あまり気にならないかもしれませんが、
消費者金融系の場合には、店頭へ足を運ぶところを誰かに見られることが、
気になってしまうという方もいるかと思います。

スマホ・PCでの申し込み

スマホ・PCでの申し込みには、銀行系、信販系、消費者金融系の
比較的大手の業者であれば、ほとんどの場合対応していて、
回線さえあればどこからでも気軽に、人目につかずに申し込みが可能です。
カードについては当日発行はできず、後日郵送という形になります。

スマホではほとんどの場合、所有者本人しか使わないことがほとんどですので、
家族に知られてしまうこともないに等しいことから、
近年では、スマホからの申し込みが主流になってきています。

無人契約機(自動契約機)

無人契約機が設置されている銀行系カードローンは、あまり多くはありません。
あったとしても無人契約機というよりも自動契約機といったほうがいいでしょうか?
銀行の店舗内に設置されている場合が多く、
人目につかないで利用することは、ちょっと厳しいですね。
メリットとしては、審査に通ったらその場でカードが発行される点です。

信販系および消費者金融系カードローンでは、無人契約機を利用すれば、
比較的人目につくことなく利用することが可能です。
大都市部では繁華街など、郊外では幹線道路の脇などに設置されているのを
見かけたことがあるかと思います。
こちらもその場でカードが発行されます。

契約するんだから印鑑は必要でしょ??

上記のような申し込み方法で利用できるカードローン。
では、申し込みの際に必要な書類、何を用意しておけばよいのでしょうか?

さまざまな契約手続きの際には、印鑑が必要となることが多いですね。
カードローンの場合にも、なんとなく印鑑を持ってったほうがいいかな?
などと思ってしまいがちです。実際私も必要なのかと思っていました。

カードローン申し込み時に必要となるのは、

  1. ・本人確認書類 ※現住所が記載されたもの
     (運転免許証 健康保険証 パスポート 等)

カードローン申し込み時に必要となるのは、

基本的には、これだけあれば申し込みが可能です。印鑑は要りません(笑)

借入れ希望額によっては収入証明証が必要

そして、信販系、消費者金融系の場合で、
50万円を超える借入れを希望する場合や、他社との合計額が100万円を超える場合には、
収入証明証の提出が、法律によって義務付けられています。

銀行系の場合には、法律による決まりはありませんが、
それぞれの銀行の裁量によって、100万円を超える場合、300万円を超える場合など
収入証明証の提出を求められる場合があります。