申し込み時の電話での在籍確認を回避するには

カードローンの申し込みおよび、審査の際には、
申し込み時に申告した勤務先に実際に在籍しているのかどうかを、
電話によって確認する在籍確認と呼ばれるプロセスが存在します。

とはいっても、例えば「○○銀行です。」とか「△△金融です。」などというように、
具体的な名前は名乗らず、個人名を名乗って、「○○さんいらっしゃいますか?」というような形で、
電話をかけるわけです。ですのでほとんどの場合は、
借入れの為の在籍確認であることを、会社に知られずに済むのです。

これは、借り入れを行うという事実を、第三者に漏らしてはならないという
決まりがあるためで、どんな借入れ先でも必ずこのような形での在籍確認となります。

しかし、勤務体系によっては、個人名宛に電話がかかってくることが、
ほぼないという場合もありますね。そういった場合には「なんだろう??」と
思われてしまう可能性はないとはいえませんが・・・。

不在であっても対応で確認が可能

そして、もし不在であったとしたら「ただいま○○は席を外しております・・・」
などという対応になるわけですが、それで在籍確認がとれたことになります。
もしも実際に在籍していないのであれば、「○○という者は、在籍していませんが・・・」
というような対応になるわけですね。

もしも、ご本人が居る場合なら、本人に電話を替わり、
申し込み内容などを確認する流れとなります。

カードローンの審査で最も重視されるのは、当然ですがきちんと返済できるかどうかです。
申告された勤務先にちゃんと在籍しているかどうかを確認するのは、
虚偽の申告でないかどうかを確認するために必要な作業なのです。

ごく一部では電話での在籍確認なしのカードローンもある?

カードローン審査においての在籍確認は、基本的には必須項目であるといえますが、
ごく一部では、在籍確認なしで対応していくれるカードローンも存在します。
とはいっても、確認そのものしないというわけではなく、会社に電話をかけずに、
別の方法で在籍確認を行うというものです。

現在の勤務先に、実際に勤務しているという証拠となる書類の提出をすることで、
電話による確認を省略してくれるわけです。
具体的には、会社の保険証や、社員証などの書類で、在籍を証明することになります。

もしも、職場に電話がかかってくること自体まずい。
という方の場合には、こういった借入れ先を選ぶことで
電話での在籍確認を回避することができます。