カードローンの返済方法 残高スライドリボルビング方式について

残高スライドリボルビング方式、聞いたことありますか?
カードローンの多くはこの返済方式が採用されています。

まずは

銀行系カードローン

リボルビング払い(リボ払い)って何?
クレジットカードなどでリボ払いなどを利用したことがある人も多いかと思いますが一応説明しておくと、毎月あらかじめ決めた額を返済していく支払方法です。 分割払いでそれぞれ個別に支払うのではなく、購入したも残高全体に対して毎月返済をしていきます。リボ払いは便利なのですが、借入残高が増加していっても返済額が変わらないためいつまで返済するのか等、返済に対する意識が低下します。実際の総返済額もわかりずらかったり残高が増えると毎月支払いが利息ばかりになるなどの事態になる可能性も十分ありえるので便利なのですが注意する必要があります。

さて、カードローンの多くは残高スライドリボルビング方式と言ったのですが、
リボ払いのような事態を避けるために採用されているのがこの残高スライドリボルビング方式です。この方式は残高にあわせて返済額がスライドしていきます。

残高スライドリボルビング方式では利息の計算方法が少しわかりにくいのですが、基本的な計算式を覚えてしまえばちょっと手間はかかるものの、自分でシミュレーションすることも可能です。

残高に応じて最小返済額(ミニマムペイメント Minimum Payment)が設定されていて、残高が多い場合ミニマムペイメントも高くなり、残高がすくなくなると ミニマムペイメントは少なくなります。リボ払いよりはいいものの、リボ払いと同様に、ミニマムペイメントが低く設定されているので 元金の返済額少なくなり返済が長期化します。余裕があるときに多めに返済していく事が大事です。返済計画をたて、支払い回数も把握しておくのがベターです。