カードローン返済のコツ 押さえておきたい4つのポイント

カードローンに限った事ではないのですが、返済のコツとして

  1. ポイント1返済日はいつなのか
  2. ポイント2毎月の返済額の把握
  3. ポイント3毎月の返済額は多すぎないか?少なすぎないか?
  4. ポイント4決められた返済額を支払いしていくといつ完済できるのか?

これらが押さえておきたい4つのポイントです。
順を追って具体的に解説してみましょう。

ポイント1返済日はいつなのか

返済日がいつなのか把握しておきましょう。遅延すると遅延損害金などもかかってきますし、 信頼もなくなりますので、きちんと把握する必要があります。給料日後に返済日がくるのが理想ですね。

ポイント2毎月の返済額の把握

カードローンの多くは「残高スライド元利定額リボルビング方式」となっています。 借入残高に応じて最小返済額が決まっていて、毎月その最小返済額を返済する方式です。 返済額が抑えられているので返済がきつくて困ってた方などは多少は楽になる可能性があります。

ポイント3毎月の返済額は多すぎないか?少なすぎないか?

ポイント2の返済額が多いのか?少ないのか?多くの場合少ないと感じるのではないでしょうか? 最小返済額に設定されているため最小返済額を返済していくと、借入額にもよりますが長期間返済が続く可能性があります。 借入残高がなかなか減らず、利子ばかり支払う…なんて事になる可能性もあるので注意が必要です。

ポイント4決められた返済額を支払いしていくといつ完済できるのか?

ポイント3とも関連するが、毎月返済を続けていくと完済はいつなのか?最小返済額で支払いを続けていったときの返済総額と返済期間をカードローンを利用する前に考えておかなければいけません。 返済額が少ないのはメリットではありますが、返済が長期化する場合、デメリットにもなり得ます。

完済日と総返済額を把握しておきましょう。
ポイントの1~4は当たり前の事ですが、最小返済額での返済なので、お金に余裕があると勘違いしてさらにカードローンを利用する可能性もあります。早めに返済を終えるように返済計画を立てましょう。